中田浩二

中田浩二のサッカーや 、加藤あい との話題も
中田 浩二(なかた こうじ、1979年7月9日 - )は、滋賀県志賀町(現大津市)出身でFCバーゼル所属のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(ボランチ)、ディフェンダー(センターバック)。

中田浩二 来歴

小学校低学年のころは父親の転勤の関係で転校を繰り返しており、大津市出身ではあるが、サッカーを始めたのは神奈川県横浜市の横浜市立南戸塚小学校2年の時である。小学校3年の時、鳥取県米子市の米子市立義方小学校に転校しそこで本格的にサッカーを始めるようになる。小学校5年の時、全日本少年大会に出場する。米子市の後藤ヶ丘中学校に進学し、中学3年の時、全国中学校大会に出場する。2年の時に中国選抜として選抜中国大会に出場する。中学校までのポジションはFWで、左足の怪物として地元紙にも取り上げられるほどの存在となる。
帝京高校進学後はBチームに入れられるなど決して順調ではなかったものの、ボランチに転向し、頭角を現す。3年生のときにキャプテンとして全国高校サッカー選手権に出場し、決勝では後にチームメイトとなる本山雅志(現鹿島アントラーズ)擁する東福岡高校に敗れるものの、準優勝を収める。
この試合は雪深い国立競技場で行われ、試合中に転倒する選手が続出。また試合球としてオレンジ色のボールが採用されるなど、後々まで語り継がれる試合となった。この試合で「雪の王子様」とファンの中で呼ばれるようになった。

1999年のワールドユースを機に当時の監督フィリップ・トルシエにDFにコンバートされてから日本代表に定着する。本人曰く「年を重ねるにつれてポジションが下がっている(笑)」とのこと。絶妙なバランス感覚と正確なロングフィードで、トルシエの提唱するフラット3の左のDFというポジションをつかみ、トルシエ監督下、最もコンスタントに試合に出場した選手の一人である。
2002年FIFA日韓ワールドカップの合宿中の宴会の席で、フィリップ・トルシエと中田英寿をプールに落っことし、ムードメイクに一役買った。結局、その大会で3バックの一角として3試合にフル出場、日本のベスト16に貢献した。
Jリーグの鹿島アントラーズでも、MFとしてチームに多くの栄冠をもたらしている。ジーコが日本代表監督に就任すると、本来のMFとして出場していたが、2003年に左ひざ靭帯断裂の大ケガを負い、長期戦線離脱を余儀なくされた。
2004年5月、柏レイソル戦で259日ぶりの試合復帰を果たした。
2005年1月、元日本代表監督のトルシエが監督をしているフランス1部リーグのマルセイユの練習に参加する。マルセイユ側は中田の獲得を打診するが、提示された移籍金が低額だったため、鹿島側は中田の移籍を認めなかった。ちょうど中田との契約切れが迫っていた鹿島側は来季以降の契約更新を申し出るが、中田本人が海外移籍を希望していたため断り続ける。結局契約切れとなりフリーの立場で1月26日にマルセイユに移籍。所属クラブの意向を無視した(移籍金0円での)移籍だったため、円満移籍とは言いがたい。


移籍当初はそこそこ出場機会はあったが、トルシエ監督の解任により出場機会が激減。守備的MFだけでなくDFもこなせるため出場が期待されたが、イスラエルのクラブから数億単位の移籍話を蹴ったことでフロントとの関係が悪化、その結果事実上戦力外にされてしまう。
2006年、出場機会を求めてクラブに移籍を申し出る。古巣の鹿島にも打診したが、「移籍金0円なら獲得する」という回答だった。イスラエル、ウクライナのクラブからオファーが届くもいずれも断り、スイスリーグの名門バーゼルの練習に参加し、その後正式契約を結んだ。
またそのルックスから、2003年に水泳のイアン・ソープ、サッカーのアレッサンドロ・デルピエロ(ユベントス)、デビッド・ベッカム(当時マンチェスター・ユナイテッド)、女子テニスのアンナ・クルニコワ(ロシア)とともに、adidas社によって“世界イケメン5傑”に選出されている。
余談だが、マルセイユ時代に試合前にユニフォームを無くし、急きょ33番のユニフォームを着る事になったことがある。

06年W杯終了後は、髪型をスキンヘッド(本人曰くチームメイトにノリで刈られたらしい)にしている。06-07シーズンでは、海外のクラブに所属している日本人選手としては珍しく、センターバックとしてレギュラーに定着している。10月のザンクトガレン戦で鼻を骨折して途中交代するまでは、19試合連続でフル出場していた。06年W杯後は欧州のクラブに属している選手がコンディションを崩さないようにという配慮の為、しばらく日本代表への収集は見送られているものの、代表収集の条件となる"所属クラブでのレギュラー"を果たしている事や、イビチャ・オシム監督が選手に求める"ポリバレント"な能力を持ち合わせている為、日本代表への復帰の可能性も高い。

更新履歴